tre(トレ)のアコースティックな日々

アコースティックギターの技術、機材、音作り、作曲、作詞、アーティスト

結婚式で弾き語りをする方へー良かったと言われる弾き語りをする為にー

 

 

今月ブログが100pvを達成したらしく、誠に感謝申し上げます。

 

 

まさかそんな観られてるとは思わなくて、こりゃ適当なこと書けねーな…と思いながらも続けていけたらなと思います。

 

 

treです。

 

 

さて、いつもはギターとか弾き語りとか機材の話とか作詞作曲の話とかしてますが、少し違った目線から話します。

 

 

f:id:treakogi:20170720231732j:image

 

 

実は自分は結婚式場で音響のアルバイトをしてまして…(特定は避けて欲しいです…)

 

 

まぁちょくちょく弾き語りをされるお客様がいらっしゃるわけです。

 

 

別に上手いとか下手とかは関係なくて、友人を祝うという手段の1つに弾き語りを選ばれたということは同じギター弾きとしてはとても嬉しく思います!!

 

 

しかし、たくさん練習されたであろうその曲ですが、場合によってはスピーカーから音が流れないことがあります。

 

 

しかも決して狭い会場ではないので、自分の声が聞こえない、ギターが聞こえにくいということにもなりかねません。

 

 

そういった失敗をしない為に、お手数ですが、準備して貰いたいものがございますので是非ご覧下さい。

 

 

________________________________

 

 

「この日のためにギターを買って来たんだ」という素晴らしい方もいらっしゃるかと思いますが、そのギターはエレアコでしょうか?

もちろん生ギターでも音は流せますが、会場によってはマイクの数に限りがございますし、ハウリングの問題も出て参ります。出来ればミキサーに繋ぐことが可能なエレアコPAとしては調整も出来るので、ありがたいです。もう買ってしまったよ!って方はピックアップでも構いません。安いもので構いませんので、ご用意よろしくお願いします。

 

 

  • シールド持って来て!!

エレアコを買って来たからいいだろ」とおっしゃるかもしれませんが、シールドも持って来て下さい。不甲斐ない話、会場の機材には余裕がございません。シールドひとつも余っていない場合が殆どですので、お手数ですが持って来ていただけるとありがたいです。

 

 

________________________________

 

 

 

ここまでは確実に持って来て欲しいものなのですが、ライブハウスでバリバリやってた人用に+αであるとベストにパフォーマンス出来るかもしれないというものを紹介します。

 

 

________________________________

 

 

  • マイクとキャノンケーブル

正直会場にあるマイクというのは、司会用の安いものが殆どですので、きちんとした声で歌いたいという方はマイクとキャノンケーブルを持って来て頂くと会場のミキサーにお繋ぎします。リバーブの調整などはPAさんと密に話して下さい。

 

 

広い会場でする方はギターアンプを持って来られる方がいいかもしれません。いわゆる返しがない状態でのライブになるので、返しがわりにあるだけでかなり弾きやすくなると思います。立派なものじゃなくても初心者セットのアンプで構いませんので、あると相当楽になると思います。

 

 

  • DIあると嬉しい…

会場のミキサーに直挿しでも全く問題ないですが、あるとよりギターらしい音は鳴らせます。パラアコだったら尚更ですね。会場に合わせて音を自分で作って下さるとこちらとしても調整しやすいです。

 

 

  • なんならミキサー持って来て!

自分の場合であれば、会場のミキサーで音を作るのは可能ですが、正直結婚式の会場のPAさんはライブハウスのPAさんではないので、音の作り方云々の知識がない場合もございます。さらに言えば、会場によってはリバーブをかけれないミキサーを使っている場合もありますし、チャンネルに余裕が全くない場合もあります。そういう会場の場合はもうミキサーまで持ち込んで、自分で音を作ってしまった方が早いです。(パワードミキサーは会場の機材がやられるのでNGです)PAさんに音量調整だけお願いしましょう。あとキャノンもお願いします…。

 

 

________________________________

 

 

結構無茶なお願いばかりだったと思いますが、結婚式場はライブハウスではないので、機材が揃ってない場合が殆どです。またPAさんも元劇団PA、元DJ…など、それぞれ得意な畑が違いますので、必ずギターの音を綺麗に出せるかというとそうではありません。

 

 

最低限どのPAさんでも音は出すようにはしますが、最低限のことしかできない場合もございます。

 

 

なので、出来る限り準備をして下さるとこちらとしても対応しやすくなりますので、ご理解のほどよろしくお願いします。

 

 

では会場にて素敵な弾き語りが聴けることをお待ちしております。

 

 

see U!!

 

 

tre