tre(トレ)のアコースティックな日々

福岡県在住のシンガーソングライターtre(トレ)。弾き語りを中心とした様々な活動を行う。アコギのプレイ技術、弾き語りのシーン、宅録についてなどの記事を中心としてお送りしております。

【知っておきたい】山崎まさよしのファンになる方法【6つのこと】

 


3月に入って週の都合上1つの記事しか投稿してませんが、100人以上の方にこのブログ観てもらえてるみたいです(震え

 


どうもtreです。

 


ギターが弾けてないので本当に話題がないのですが、最初の方に語った山崎まさよしの記事の焼き増ししようと思い立ちタイトル↓

 


f:id:treakogi:20180310205125j:image

 


 


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 


①基本的な知識


まずこの記事を開いた皆さま、山崎まさよしという男をご存知でしょうか?「誰だその男は!」「調べて観たらおっさんやんけ!」「あーこのブログで変にゴリ押ししてる人ね」など色々と意見はあるでしょう。

 


山崎まさよしという名前にピンと来なくても、こちらの曲を聴けば「聴いたことあるわ!」となるかもしれません。

 

 

↓↓↓

 

  • one more time,one more chance

 

  • セロリ

 


one more time,one more chanceは、「月とキャベツ」そして名作「秒速5センチメートル」の主題歌で、セロリはSMAPに楽曲提供した曲です。

 


さて、この2曲を山崎まさよしが作ったと知った時点で皆さまは山崎まさよしのファンと名乗っても全く問題はありません。

 


しかし、ただのファンになったところで「にわか乙!」やら「それだけ知ってるだけでしょ」と古参のファンの方々にグチグチと言われるのも癪に触るでしょうから、その他の曲についても、そして山崎まさよしの周辺についても語っていきたいと思います。

 

 

ユニクロのCMを担当にしてた。

 


こちらの2つのユニクロのCMも山崎まさよしが担当しております↓↓

 


 


 

 

変態入門編の記事をご覧になると、山崎まさよしについたの記述が出て来ますので興味があればご覧下さい。


↓↓↓


 


素人目で「なんか変な事やってるなー」と思って下さればそれで構いません。ファンも訳分かってないので。技術的な解説は上の記事を読んで頂ければ分かると思います。こんなことやっていたなぁという共通認識を高め合うための知識として頭に入れておきましょう。ポロっと口に出すと「こいつ、出来る…」と古参の方からの目が変わります。

 


③実はシチューのCMのあの曲も彼が!

 

 

  • お家へ帰ろう

 


この曲も実は山崎まさよしが作ってました。ファンの中では隠れた名曲として扱われていますので、「お家へ帰ろう良いですよね〜」というと古参の方もウンウンと頷いて肩を叩いてくれるでしょう。古参ファンの仲間入りまであともう少しです。頑張りましょう。

 

 

④オーディションで芸能界へ、しかし…

 


山崎まさよしは事務所オーディションで芸能界へ入ったのですが、天然ボケか狙ってかは定かではないのですが(おそらく天然)、間違えてミュージシャンではなくアクターオーディションに応募して、更に最終選考直前でその間違いに気付くという事をしでかしてます。会場で「間違えてこっちに来ちゃいました。」と正直に言うあたりが可愛いエピソードなのですが、せっかく来たんだから弾いてくれと言われて高評価を得て契約に至っていると言うエピソードがあります。音楽史に残る天然エピソードですが、結果的に山崎まさよしは俳優としても活躍していて、ファンの間では笑い話となっています。

 


⑤実は福耳のメンバー

 

  • 星のかけらを探しに行こう

 

  • 惑星タイマー

 


福耳はオフィスオーガスタスペシャルユニットで、その中枢メンバーに彼が居ます。スキマスイッチ秦基博さかいゆうの陰に隠れて実はいます。ファンからすれば、まさよしの声は一発で聴き分けれますし、ともすればギターの音まで聴き分けれます。まぁそこまで行かなくても、福耳も好きなんだよねぇくらいのスタンスでちょうど良いと思います。

 

 

⑥圧倒的な技術力と独特のセンス

 


先ほど上げたone more time,one more chanceにしろセロリにしろ、彼が現れる以前では絶対に出来る曲ではありませんでした。その卓越した技術力と独特のセンスによって名曲が生まれたのです。

 


彼の楽曲はポップスと形容するのには正しいのですが、正確には限りなくポップスに近いブルースなのだと個人的な解釈をしています。そしてそれは同時に、ポップスに限りなく近いカントリーでもあります。

 


彼は裏ベストアルバムにて、ディスク2を全てカントリーインストにするという暴挙に出ております。それでいて完結しているという凄まじいことをしてくれています。

 


有名でない曲は基本的にガッツリとカントリーであったり、ブルースだったりしてポップスとは離れてる印象を受けますが、日本人離れした独特な感性の持ち主であることは確かです。後にも先にも「山崎まさよし」というアーティストは生まれてこないと私は確信しております。

 


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


【おわりに】

 


本当に愛らしく、器用で、それでいてアーティスティックであり、自分の世界を醸し出している、そしてこれ程までに自己完結出来るアーティストは果たして他にいるのかどうかというところまで私は思っております。

 


もちろん彼以外にも独特な雰囲気を出しているアーティストはたくさん居ますが、彼にしかないものは確実にあります。

 


ここまでブログを読んだ貴方は、山崎まさよしのファンと言って充分でございますので、是非私と語り合いましょう。そしてギターが弾ける方は山崎まさよし風にセッションしてみましょう!←

 

 

最後に私の好きな曲を何曲か載せて締めたいと思います。

 

 

  • アレルギーの特効薬

 

 

  • 中華料理

 

 

  • 僕と不良と校庭で

 


それでは!!

 


see U!!!

 


tre

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

【追伸】


You Tubeのオリジナル曲の総再生数が200回を超えました。皆様のおかげです!ありがとうございます!
 
 
次上げるのは4月以降になるとは思いますが、 今上げている5曲を聴き倒して下さるとありがたいです!
 
 
それぞれの楽曲はこちらより聴けますので確認をよろしくお願いします!
 
 

 
 
それでは改めて…
 
 
ではでは
 
 
tre