tre(トレ)のアコースティックな日々

アコースティックギターの技術、機材、音作り、作曲、作詞、アーティスト

山崎まさよしのススメ

 

 

台風の進路が馬鹿げてて震えてます。

 

 

treです。

 

 

本来私は機材をそんなにポンポンと買う人間ではないのでまた別の目線から語りたいと思います。

 

 

まぁ尊敬するアーティストについて語ろうかなと…

 

 

今日は山崎まさよし様について

f:id:treakogi:20170703095157j:image

 

 

one more time,one more chanceとかセロリとかが有名ですね。

 

 

自分にとっては神様であり、悪魔でもあります←

 

 

私がギターを始めた当初、ギターの技術はやってもやってもキリがないと見切り、名曲「歌うたいのバラッド」を弾き語り出来るようになったら一旦ギターは辞めて勉強に専念しようと思ってました。

 

 

スコアも買って、当時は「まぁそこそこ聴かされるかな」くらいまでは弾けるようになり、YouTubeのライブ映像と比較しながら弾いて満足してました。

 

 

でもYouTubeってオススメ機能ってあるじゃないですか??

 

 

弾き語りばっかり聴いてたら弾き語りの曲がオススメに出てくるっていうアレです。

 

 

ちょうど弾き語りが少し出来るようになったかなって頃に、山崎まさよし様のone more time,one more chanceが出て来たんですよね。

 

 

……まるで雷が落ちたような衝撃でしたね。

 

 

観たことのないコード、綺麗なアルペジオ、切ない声、世界観……

 

 

弾き語りをかじったくらいの私にとってはもう事件でしたね。

 

 

そしてあろうことか私は「この曲をコピーするまではギターを続けよう」と思ったわけです。

 

 

かなり無謀な挑戦でしたね。

 

 

でもここが恐らく今の自分へと繋がるターニングポイントだったなぁと思います。

 

 

ストロークしかできない私はアルペジオを覚えるためにネットサーフィンをし、コードを覚える為に楽器屋へと走り、ライブ映像を漁り、他のまさよしの曲を聴き……

 

 

とても学業に専念なんて出来ませんでした←

 

 

実に半年以上はかかったのではないかなと思いますね。非常に要領が悪い人間ですので…笑

 

 

そしてこの曲を弾き語ることが出来るようになった私を止めることなんて出来ませんでしたね←

 

 

ある程度の難易度の曲は簡単に弾けるようになり、アルペジオもなんのその、ストロークのニュアンスも覚えてしまったりと初心者をいつの間にか脱していました。

 

 

そう彼の音楽があったおかげで私は音楽の世界へと誘われたと言っても過言ではないです。…いや120%彼のせいですね。笑

 

 

彼の曲もワンモアだけではなく、「中華料理」やら「月明かりに照らされて」など素敵な曲いっぱいあるんですよね。

 

 

個人的に1番好きなのは色々捨てがたいんですけど「お家へ帰ろう」ですね。

 

 

シチューのCMの曲なんですけど、彼の持ち味の1つの緩さが溢れまくるえぇ曲なんです←

 

 

あと彼のスタイルも好きなんですよね。

 

 

曲作りの時にコードを「作る」んですよね。

 

 

そもそもコードを作るって概念がぶっ飛んでますが…笑

 

 

正確に言うとコードを探すという作業なんですけど、確かに彼の曲の中でまともなコードは少ないですね。

 

 

良い響きやんって使って後でこんな名前だったのかお前って感じらしいです←

 

 

この戦法は自分の曲作りでも非常に参考になってます。

 

 

既存のコードに囚われないって言うのは割と大事なのかもしれないですね。

 

 

まぁ話し足りませんが、この辺りで止めようかなと思います。

 

 

弾き語りをかじっている方、作曲している方、一度、そして今一度山崎まさよしを聴いてみてはいかがでしょうか?

 

 

そして私と語りましょう。

 

 

ではでは

 

 

see U

 

 

tre